投資家必見コラム

福島県でも太陽光発電で持続発展可能な社会を

福島県内再生可能エネルギー
福島県は県内のエネルギー需要に占める再生可能エネルギーの導入割合を40年度までに100%とする目標を掲げています。 2020年度は中間目標として40%を目指していますが、実際に福島県内での進捗はどのような状況なのでしょう …

送電網の仕組み見直し、太陽光など再生可能エネルギー優先へ

soudenmouminaosi
経済産業省は、2030年度の電源構成に占める再生可能エネルギーの比率を22~24%(18年度は17%)まで高める目標を掲げました。 そのために太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの事業者が送電網を優先的に利用でき …

太陽光発電所を購入する際の保険加入について

火災保険
先日UPした記事「運用の不安を取り除き安心できる取引をお約束します」にもあったように、弊社より太陽光発電所を販売する際には火災保険のご案内をしております。 太陽光発電所の火災保険は主に浸水など自然災害による被害を補償する …

運用の不安を取り除き安心できる取引をお約束します

太陽光事件
先日福島県泉崎村の民間の太陽光発電所で配線ケーブルなどを焼いた火災が発生し、銅線の配線ケーブル約80本が切断され、盗まれる事件が発生しました。 銅線の転売目的での盗難は以前から問題になっていますが、今の経済状況からこのよ …

経済状況に左右されない太陽光発電の強み

経済状況に左右されない太陽光発電の強み
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け日本の経済も大きな打撃を受けています。 緊急事態宣言で経済が回らないことから解雇や倒産などが相次ぎ、仕事や収入を失ってしまう方が急増しています。 そんな状況の時にも、収入源として持っ …

2020年度 太陽光発電FIT制度の動き

2020年度 太陽光発電FIT制度の動き
経済産業省では、2020年度に低圧区分(10kw~50kw未満)のFIT を廃止する可能性を示唆しておりましたが、以下の条件を満たす場合に限りFITの継続が発表されました。 ・余剰売電のみの自家消費型(自家消費比率は30 …

太陽光発電所の撤去費用積立について

太陽光発電所の撤去費用積立
再生可能エネルギーとして導入し続けられている太陽光発電ですが、使用された太陽光パネルの廃棄方法が問題視されてきています。 経済産業省の調査によると、2015年には約2400トンだった廃棄量が2040年には80万トンにまで …

2020年から小規模事業者による太陽光の新規参入に制限

余剰電力
経済産業省は小規模事業者による太陽光発電の固定買取制度(FIT)について、「2020年度以降の新規参入分は余剰電力に限る」との方針を発表しました。 今回対象となるのは10kw~50kwの小規模事業者。 これまでは余剰買取 …

急伸する水上太陽光発電、浮き彫りになってきた問題点

水上太陽光発電設備台風被害
画像参照元:DIAMOND online こんにちは、太陽光発電所売却・買取サポートのスタッフSです! 以前、多くのメリットを持つことから今後注目されるとご紹介した水上太陽光発電。 しかし、先日台風15号が千葉県市原市に …

【太陽光豆知識】太陽光発電が適している地域を知ろう!

太陽光発電に適している地域
こんにちは、太陽光発電所売却・買取サポートのスタッフMです!^^ 太陽光発電の条件として「太陽が照っていること」が必要というのは、多くの人が知っていることかと思いますが、それでは日本国内で太陽光発電に適している地域がどこ …